審査・認定

1.まず認定を受けます。

各項目についてのご説明は、ご覧になりたい項目のボタンをクリックしてください。

1-3 審査・認定

公平に審査を行い、認定されます。
訪問調査の結果、特記事項、主治医の意見書をもとに、介護認定審査会で介護の必要性や要介護の程度について審査・判定が行われ、認定されます。

審査

・ 訪問調査の結果
訪問調査の結果はコンピュータに入力され、一次判定を行います。

・ 特記事項
調査票には盛り込めない事項なども明記され、報告されます。

・ 主治医の意見書
医療の立場から、心身の状況についての意見書。


これらに基づいて審査・認定
【審査会とは?】
保健・医療・福祉に関する専門家5人程度で構成され、介護の必要性や程度について公平に審査を行う機関です。

要介護認定

認定審査会の審査に基づき、「要支援1・2」「要介護1~5」または介護保険の対象とならない「非該当」(自立)に認定されます。
要支援認定者
■ 予防給付サービスを利用できます。

・ 要支援1・要支援2
日常生活の一部に介護が必要だが、介護サービスを適切に利用すれば、心身の機能の維持・改善が見込める。


要介護認定者
■ 通常の給付サービスを利用できます。

・ 要介護1
立ち上がりや歩行が不安定。排泄や入浴などで一部介助が必要。

・ 要介護2
立ち上がりや歩行が自力では困難。排泄や入浴などで一部または全体の介助が必要。

・ 要介護3
立ち上がりや歩行が自力ではできない。排泄、入浴、衣服の脱着などで全体の介助が必要。

・ 要介護4
排泄、入浴、衣服の脱着など、日常生活に全面的な介助が必要。

・ 要介護5
意志の伝達が困難。生活全般について全面的な介助が必要。

非該当(自立)の方
■ 介護予防・日常生活支援操業事業によるサービスが利用できます。
介護保険によるサービスは利用できません。しかし、市町村が行う介護予防・日常生活支援操業事業によるサービス(介護予防・生活支援サービス事業及び一般介護予防事業)が利用できます。
詳しくはこちらをご覧ください→介護予防・日常生活支援操業事業によるサービスの利用について
【認定はいつまで有効?】
要介護(支援)認定は原則的に新規申請及び区分変更申請は6ヶ月、更新申請は12ヶ月ごとに見直されます。
また、心身の状態により新規申請及び区分変更申請は最大12ヶ月、更新申請は最大36ヶ月まで有効になります。
認定の効力発生日は認定申請日になります。(更新認定の場合は前回認定の有効期間満了日の翌日)
申請書ダウンロードはこちら
各種申請書をご用意しておりますのでご自由にダウンロードしてご活用ください。

MENU

介護保険とは
介護保険のしくみ
平成30年度からの介護保険制度について
利用するまでの手続きについて
サービスの利用について
用語集を見る
TOP