要介護認定者の方 ケアプランの作成

要介護認定者の方 2.介護サービスの計画を立てます。

計画を立てるにあたって・ケアマネジャーとケアプラン

要介護認定の通知を受けたら、その結果をもとに指定居宅介護支援事業者に依頼し、
介護支援専門員(ケアマネジャー)に心身の状態にあった介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらいます。

ケアマネジャー

介護支援の専門家です。
介護支援専門員のことをケアマネジャーといいます。
ケアマネジャーは保健、医療、福祉の分野での資格と5年以上の実務経験があり、ケアマネジャーの研修を受けています。介護サービス計画(ケアプラン)の作成や、サービスがきちんと提供されているかを確認します。
ケアマネジャーの役割
・利用者や家族の相談に応じアドバイスをします。
・利用者の希望に沿ったケアプランを作成します。
・サービス事業者との連絡や調整を行います。
・施設入所を希望する方に適切な施設を紹介します。

ケアプラン作成とサービス利用

利用するサービスは利用者が選びます。 要介護度によって利用できる金額や範囲が異なってきますが、心身の状態や家庭の状況など利用者の希望を居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)にはっきりと伝え、介護サービス計画を立ててもらいましょう。
【介護サービスの利用】
■居宅介護支援事業者

契約 プランの同意 ● ケアプランの作成
・ 利用者の様態の確認
・ 利用者の様態の維持・改善の視点
・ 利用者や家族の希望
・ 複数の専門職との協議 など
※自分でケアプランを作成することもできます。市町村窓口にてご相談ください。
■サービス提供事業者

プランの同意介護サービスの利用(1割もしくは2~3割負担)
ケアプランは、ケアマネジャーが月1回以上訪問面接して状況の把握を行い、モニタリングや担当者会議を通して、よりよいケアプランへと見直しを行います。
※在宅介護と施設介護では、サービス開始までのお手続の方法が異なります。 希望されるサービスを選択してください。
申請書ダウンロードはこちら
各種申請書をご用意しておりますのでご自由にダウンロードしてご活用ください。

MENU

介護保険とは
介護保険のしくみ
平成30年度からの介護保険制度について
利用するまでの手続きについて
サービスの利用について
用語集を見る
TOP